「カロリー制限」が与える影響

ダイエットの定番である「カロリー制限」ですが、食事を制限することによって人間の心理にどのような影響があるかをぜひ知っておいて下さい。

サイトマップ

「カロリー制限」が与える影響

もはやダイエットの定番となってしまった感のある「カロリー制限」ですが、果たして本当にダイエットに効果があるのでしょうか。食事を制限することによって人間の心理にどのような影響があるかをぜひ知っておいて下さい。

「カロリー制限」は快感のもと?

ダイエットをがんばっている人がついつい食べ過ぎてしまう原因には、「絶対にたくさん食べてはいけない。とにかく食べる量を減らさなければいけない。」と思っているからこそ、余計に食べたときの快感が強まってしまうことが挙げられます。

「○○してはいけない」と頭で分かっているからこそ、それがより強い快感を脳にもたらし、逆に夢中になってしまうからなのです。これは「禁止事項が与える影響」の具体的なケースとも言えるでしょう。

「食べたければ自由に食べればいい。」と思っている人は、特に食べることに強い快感は感じません。「絶対にたくさん食べてはいけない。」と強く思っていると、たくさん食べてしまう快感が強烈になります。

カロリー制限は実はダイエットに向かない

ダイエットとは関係なくただ単に食べる快感を味わいたければ、「絶対に食べ過ぎてはいけない」と強く思いながらたくさん食べることです。この食べ方はもちろんダイエットには向きませんが、これ以上強い快感を感じる食べ方はない、ある意味究極の食べ方と言えます。

ヤセようと思って「絶対にたくさん食べてはいけない。」と思いながら食べていると、逆に食べ過ぎてしまう理由が分かっていただけたかと思います。

こういった生理的な問題は、人間の精神力だけではどうしようもすることができませんから、ヤセたいのであればとにかくカロリー制限をしないことが大切なのです。