朝食と昼食のケース

ダイエット中にどういった食事をしていたのかをご説明したいと思います。まずは「朝食」と「昼食(ランチ)」についてです。

サイトマップ

朝食と昼食のケース
トップ > 食べる割合のルール > 朝食と昼食のケース

私の個人的な体験記ですが、ダイエット中に(今も変わりませんが)どういった食事をしていたのかをご説明したいと思います。まずは「朝食」と「昼食(ランチ)」についてです。もしよかったら参考にしてみて下さいね。

朝は無理しても食べられなかった私・・・

私の場合、朝起きるのが苦手(低血圧・・・)だというのもあるのですが、朝起きてすぐに夕食以上の朝食を食べろと言われてもまず無理です。

体が必要としてない栄養を摂ることは、太ることにつながることはすでにご説明のとおりです。

かといって何も食べずに仕事にいくと、ランチまでにかなりおなかが空いてしまうので、満足ポイントを意識しつつ、軽くお腹に入れる程度の量を食べていました。

「朝は夕食の3倍食べよう!」なんていうダイエットの常識は、やりたくてもやれなかったこともありますが、私はまったくといっていいほど実行しませんでした。おかげで?軽い朝食でも体調は非常によかったです。

ランチでも決まった食事量に決まりはナシ

そうすることでランチタイムになるとちょうどいい具体におなかが空いてくるのです。ここでも特に「夕食の何倍食べよう」とか、「夕食をあまり食べなくて済むように食べよう」などとは一切考えずに、そのとき体が必要としている量だけ食べるようにしました。

ですから、日によって多めの量を食べる事もあれば、当然控え目に食べる日もあるわけです。

「今日は夕食が遅くなりそうだから多めに食べよう」とか「昨日はちょっと食べ過ぎたから、我慢してでも少なめに食べよう」なんてことも考えません。その時に体が必要としている量を食べることを最優先に考えて食事していました。

こう考えると、食事時に気にすることが「体が欲しがっている食事量」だけになって、カロリーが高いとか低いとか、これはダイエットによくないとかなんとか、そういう類のことは一切気にしなくて精神的にも非常に楽でした。