食べる割合のルール

「ヤセたいなら夜は食べちゃダメ!」というようなダイエットにまつわる迷信を、私の経験から導き出した答えをもとに検証してみます。

サイトマップ

食べる割合のルール
トップ > 食べる割合のルール

よくダイエットに関するトピックスとして「朝食べないと太る」とか「ヤセたいなら夜は食べちゃダメ!」というのがありますよね。そんなダイエットにまつわる迷信(?)を、私の経験から導き出した答えをもとに検証してみます。

食事の割合にまつわる常識は守るべき?

ダイエット業界の常識では、「朝・昼のうちにたっぷり食べて、夜は軽めに」とか「朝:昼:夜=3:2:1」といったように、朝から昼にかけてたくさんたべて、夜は軽めに食べましょうというのがお決まりのルールになっています。

その理由はこうです。

「昼間は体が交感神経優位の活動状態でエネルギーがよく消費されるから食べても大丈夫だけど、夜間の体は副交感神経優位の休息状態で、食べた物がそのまま脂肪になりやすいから控え目にすること。特に寝る前二時間は何も食べちゃダメ!」

ですが、私は必ずしもこれに当てはめて食事をする必要はないと思っています。

ここからは私の経験談になってしまいますが、ヤセる前の生活のリズム(朝〜夜の食事量)を紹介したいと思います。

朝食と昼食のケース

私の場合、朝起きるのが苦手(低血圧・・・)だというのもあるのですが、朝起きてすぐに夕食以上の朝食を食べろと言われてもまず無理です。

体が必要としてない栄養を摂ることは、太ることにつながることはすでにご説明のとおりです。

かといって何も食べずに仕事にいくと・・・

夕食のケースと私の結論

仕事が終わり、夕食の時間になるわけですが、「夜食べた分はそのまま脂肪になるから控え目に・・・」なんて考えることはありませんでした。

疲れた体が栄養補給をして欲しがっていると感じれば、その指令のまま食べましたし、好きな物をしっかり食べることで十分な満足感を得ることができたのです。もちろん、ダイエット業界ご推奨の・・・