肉類について

肉類はそのまま脂肪になるイメージが強いですが、そんな肉類にだってダイエットに有効な成分がちゃんと含まれています。

サイトマップ

肉類について
トップ > 肉類について

肉類はそのまま脂肪になるイメージが強く、やはりダイエッターにはとにかく敬遠されがちです。でも、そんな肉類にだってダイエットに有効な成分がちゃんと含まれています。そして、甘い物がやめられない人にとって、肉類は意外な効果をもたらしてくれるのでおすすめですよ。

肉類に含まれるある成分の威力

あなたは「肉を食べると太る」と思っていませんか?でも、肉を食べなければ、本当にヤセるのでしょうか?ハッキリ言いますが、答えは「ノー」です。

なぜなら、牛や豚、羊などの赤身の肉には、脂肪を燃やす成分がたくさん含まれているからです。この成分は「L−カルチニン」といって、ご存知のようにサプリメントとして売られているほど、ストレートに脂肪の代謝を上げてくれる効果があるのです。

この事実を知って、肉類を食べない手はありません。

さらに、赤身の肉はタンパク質が豊富です。タンパク質は脂肪になりにくく、筋肉になるやすいという特徴をもっています。赤身の肉は、ダイエットにはいいこと尽くしなのです。

(脂身の多いお肉ばかり食べるのは控えましょうね。)

「甘い物が食べたくなったら肉類を食べる」の法則

肉類を食べるメリットはまだあります。

肉類などに含まれる「チロシン」というアミノ酸は「甘い物が食べたい」という欲求を抑えてくれるなんともダイエッターにはありがたい成分です。

あなたも、甘い物の誘惑と戦う苦しみを味わうぐらいなら、おいしく肉を食べて「L−カルチニン」やタンパク質のダイエット効果を体感してみてはいかがですか?

ちなみに、よくダイエット・メニューに登場する鶏のササミには、その「L−カルチニン」成分はほとんど含まれていません。鶏のササミを「好きだから食べる」のであればまったく問題ないのですが、「ヤセるために食べる」のはおすすめできませんので注意して下さいね。